物流とIT・情報システム

物流とIT・情報システム 物流とIT・情報システム

物流に関わるIT・情報システムについての記事です


2024年問題

AI自動配車:より実態に即した配車計画の実現

AI自動配車システムと動態管理プラットフォームの連携についての新たなプラットフォームが登場 第530号を担当いたします南部大志です。 気づけば、物流の2024年問題が生じる2024年4月から1か月が経...
物流とIT・情報システム

物流業界の特許の動向:スマート物流関連特許が増えている

増えるスマート物流特許の出願 近年、「スマート物流」の特許出願が増えています。 スマート物流とは、自動化技術や IT の活用を伴う物流のことです。自動化技術には業務を機械が中心に担う物流機械・設備の自...
物流とIT・情報システム

DX時代における新聞物流の再検討-8:新輸送コースの立上げと定着

前稿では、物流改革における既存輸送事業者との調整/交渉についてお伝えしました。本稿では、新輸送コースの立上げと定着についてご紹介します。 定着化までの流れは3段階 安定稼働を実現するために、これまで様...
物流とIT・情報システム

DX時代における新聞物流の再検討-5 コースの集約にむけた設計のポイント2

前稿ではコース集約に向けた設計のポイントである輸送条件の検討(こちら)についてお伝えしました。本稿では、実際にコース設計をする際のポイント3点ご紹介します。 コース設計の型 まずは(1)コース設計の型...
物流とIT・情報システム

DX時代における新聞物流の再検討-4 コースの集約にむけた設計のポイント①

配送コースの見直しによるコストダウン事例を紹介しています。
物流とIT・情報システム

DX時代における新聞物流の再検討-3 プロジェクト体制の構築

前稿では物流改革の方向性検討についてお伝えしました。本稿では物流改革におけるプロジェクト体制の構築について説明します。どんなに素晴らしいアイデアを閃いても、実行できなければ絵に描いた餅になってしまいま...
物流とIT・情報システム

Transport Management System(TMS)について 2:その種類と特徴

今回もTMS(輸配送管理システム)についてお話していきたいと思います。 前回は“なぜTMSが改めて注目されるようになっているか”の背景について、お話させていただきました。今回はTMSの種類、担当範囲や...
物流とIT・情報システム

配送システムとAI:これまでの配送経路計算システムと何が違うのか

AI配車システムとは 最近では配車実務にAI配車システムを利用するケースが増えてきています。弊社のグループ会社のセンコー株式会社においても、積極的にAI配車システムの導入に取り組んでいます。以前から物...
2024年問題

Transport Management System(TMS)について 1:何故注目されているのか

昨今、輸送を取り巻く環境は大きく変化しており、それに伴い、輸送に関わるシステム、TMS(Transport Management System)が改めて注目を集めています。 ロジ・ソリューションにおい...
物流とIT・情報システム

輸配送管理システム(TMS)導入支援:その流れと勘所

TMSとは ロジ・ソリューションでは、輸配送管理システム(TMS)の導入支援を行うことがあります。 輸配送管理システムは、配車計画を行う機能、運行状況を管理する機能、運行実績を管理する機能などがありま...
物流とIT・情報システム

EC物流の動きが激しい:多種多様なEC物流プラットフォームや受注管理システムが登場

コロナ禍で増えたEC需要とEC物流プラットフォーム コロナウイルス感染予防から、「お店に買い物に行くよりネット通販で買い物しよう」という方が増えてきています。 実際にEC強化を図っている販売業は、そう...
物流とIT・情報システム

ECサイトのリニューアルには全社のシステムの構造理解が不可欠である理由

今後10年間かけて起こるはずの変革が半年で起こっている 新型コロナウイルスは、10年かけてなくなるはずだった旧来型のビジネスモデルを早く大きく変えようとしています。 百貨店モデルと呼ばれるアパレルと百...
EC(通信販売)

物流の機能としての情報システム理解をさらに深める必要がある理由

物流と情報システムの歴史 物流が物的流通と表現されていた時代、物流は5つの機能(保管、輸送、荷役、包装、流通加工)から構成しているとされていました。 物流という用語が一般的に世間に普及し、事務業務の効...
物流とIT・情報システム

物流部門に異動・配属となった皆さんへ:技術革新が進む今はチャンスの時代

新入社員と物流部門と 現在感染症問題で大変な状況にありますが、4月は新入社員の季節です。通年採用になっている企業もあると思いますが、まだまだ桜のこの時期に入社される方が多いのではないでしょうか。3年前...
物流とIT・情報システム

単価が下がればICタグは普及するのか:アパレルSPAとの相性は良いが・・・

2円タグが登場予定 2020年1月18日の日本経済新聞によると、「東レは衣料など商品の在庫管理などに使うICタグを、1枚2円以下と従来の5分の1程度のコストで生産できる技術を開発した」とあります。特殊...
EC(通信販売)

「フィジカルインターネット」が物流を変える【後編】:オープンシェアリングとEC

前編から続きます。 鍵となるのはオープンシェアリング 物流でインターネットの方法を応用するとなると、大量の貨物を小口に分け、それぞれの貨物をそのときどきで空いている倉庫を通過し、さらにその時に空いてい...
物流とIT・情報システム

「フィジカルインターネット」が物流を変える【前編】:フィジカルインターネットとは

宅配の次の革新は何か さまざまな業界で新しいビジネスやサービスが生まれるなか、こと物流業界においては「宅配」ビジネス以降、革新的なサービスは誕生していないと揶揄されて久しいかと思います。 先日、ある雑...
物流とIT・情報システム

配車業務をAIに任せれば完璧な答えが出てくるのか?:AIとバイアスの問題

人間の意思決定はヒューリスティクスに基づいている 人間が行う意思決定に影響する変数は無数に存在しますが、それらすべてを解法に盛り込むことは現実的ではありません。 そのため、程度の差はあれ、人間の意思決...
物流とIT・情報システム

梱包計算の仕組みを開発し、出荷オーダーの受信時に出荷個口数や配送台数を算出した話

私の担当した案件で、流通小売業のお客様より、「商品のサイズ・重量とその日の出荷物量から配送に必要な台数を割り出せるようにしてほしい」という要望がありました。 そこで予め商品マスタに商品ごとのサイズ・重...
物流コンサルティング

物流分野における省人化・省力化のポイント

■労働力不足への対策 2011年を境に日本の人口は減少に転じており、高齢化の進展に加えて世帯構造(共働きや単身の増加)が変わってきています。数年来続いている物流業界の労働力不足は賃金高騰にも表れており...