物流センター

物流センターの運営と管理

3温度帯倉庫立ち上げにおけるポイント

今回は、3温度帯倉庫の業務立ち上げに従事した経験から、そのポイントについてお話ししたいと思います。 通常のドライ倉庫との違い 運用設計の際は、通常のドライ倉庫とは異なり、扱う物の品質を損なわないよう温...
物流センターの運営と管理

物流センターの新規業務の立ち上げで大切なこととは?:三つの事例から考える

事前準備が成否を分ける 新しい年になり、新しく何かを始めようかとしている方もいるのではないでしょうか。 失敗しても良いので、何事もまずは始めてみることが大事、とはよく言いますが、新しい物流センターの立...
物流TIPS

倉庫立地に影響を与える4要素:アクセスと人の集めやすさだけで考えていませんか?

倉庫立地について研究していますが 私は現在、倉庫立地とそれに影響を与える要素について検討しています。倉庫の需要は、エリアとしては2020年の東京オリンピックを控えている関東エリアで特に高まっているよう...
2024年問題

事例から考えるトラック待機時間の実態と対策

トラック運転手の拘束時間 トラック運転手の拘束時間は、トラック運転手の労働環境改善のため、厚生労働省が大臣告示で「基準」を定めています。その基準では、運転のほか荷物の積み下ろし、休憩、点検などを含む始...
物流センターの運営と管理

物流における「ロスプリベンション」

ロスプリベンションとは  ロスプリベンションとは、欧米の小売業、流通業、海上貨物保険業界において、一般的な用語です。  ロス=損害、プリベンション=未然に防ぐ、つまりロスにつながることを事前に見つけて...
物流TIPS

物流現場の自動化の前にこれを読んでください!:三つのチェックポイントで自動化の失敗を回避

物流現場の自動化は広がっています 先日、食品卸大手の三菱食品が150億円を投資して全国の物流センターに自動化設備を導入するという報道がありました。 近年の深刻な人手不足をうけて、荷主企業・物流事業者は...
物流センターの運営と管理

現在の物流拠点体制は最適ですか?:エリア割りを見直すだけでも効果があることも

本当に「関東の次は関西」が常に正解なのか 物流拠点の立地でお困りになったことはありませんでしょうか。 関東地区に物流センターがあり全国をカバーしていた場合、次に作る拠点は特別な要件がなければ関西に作る...
物流の人材

事業所内保育施設:女性の定着率を上げる秘策として

出産前に有職であった人の出産後継続就業率は38% 物流において、労働者不足の深刻さはいまさら言うまでもありません。女性の戦力も欠かすことのできないものとなっています。 厚生労働省の「仕事と家庭の両立支...
物流とIT・情報システム

ドライブレコーダーから考える品質改善の未来

普及するドライブレコーダー 先日、ある動画投稿サイトでドライブレコーダーが撮影した自動車事故の映像を見ました。タクシーやトラックだけでなく、最近は一般の自家用車に取り付けている方が増えている事もあり、...
物流と社会・話題・その他

モノのインターネットにより物流センターが無人化する??

突然ですが、みなさんはモノのインターネット(IoT : Internet of Things) という言葉をご存じでしょうか? 先日IT系の技術セミナーに行った時にはじめて耳にする言葉でした。ここ3~...
物流センターの運営と管理

物流分析手法シリーズ12【物流拠点戦略】

はじめに 最近、生産拠点の再編、物流拠点の再編のニュースが新聞を賑わせています。 各社は、拠点立地の見直しを進めることで効率化に取り組み、コストの削減を考えているように思われます。 前回の物流分析手法...
物流と交通・インフラ

交通ルールと物流現場

エスカレータで立つとき、皆さんはどちらに立ちますか? 関東は左、関西は右が一般的です。理由を調べてみると、大阪万博のときに始まったらしく、右側に立つほうがインターナショナルスタンダードだそうです。とこ...
物流センターの運営と管理

物流分析手法シリーズ11【物流センター設計編(後編)】

今回は前回に引き続き「第11回 後編」として、物流センター設計のレイアウトからオペレーションの設計をご紹介させていただきます。 レイアウトプランニング これまでの各分析を踏まえた上で、物流センターレイ...
物流センターの運営と管理

物流分析手法シリーズ10【物流センター設計編(前編)】

はじめに 前回寄稿させていただいてから約1年振りの物流分析手法シリーズです。第10回目は、物流センター設計についてご紹介させて頂きます。 先般の東日本大震災を受けて、最近はリスクヘッジを目的とした物流...
物流TIPS

物流センターの設計について:敷地検討項目

新しい物流センターは、センター候補地にどのようなセンターにするのかイメージを作成し、専門家と様々な制約条件や検討を重ねて物流センターを設計します。今回は、荷主様や物流事業者が物流センターイメージ作成で...
物流と環境問題

環境対応型倉庫について(前編):太陽光発電を利用した倉庫

前編は、太陽光発電を利用した倉庫について、レポートします。 太陽光発電の仕組み 太陽光発電とは、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。 日本ではシャー...
物流TIPS

具体的な目的に基づく倉庫の保管レイアウト調査

今回は、有意義なレイアウト調査をするためのポイントを、事例を交えて紹介していきたいと思います。 荷主のニーズに合った検討 先日我々は、A社から物流コスト削減のためのコンサルティングの依頼を受けました。...
3PL(サードパーティ・ロジスティクス)について

保管設備決定の留意点:量販センター向けを例として

はじめに 新規の物流センターを設計する場合、機能としてはDC(Distribution Center、在庫保管型センター)とTC(Transfer Center、通過型センター)を分けて検討します。そ...
物流分析手法

物流分析手法シリーズ03【保管編】在庫分析手法のご紹介 ~ABC分析~

はじめに 物流現場改善を推進するに当って重要な、現状を分析する手法について、この『コンサルタントが物申す』の場面では、これまでに(1)物流ABC、 (2)ワークサンプリングを紹介してきました。今後は、...
物流の基礎知識

坪(つぼ)について:知っておきたい坪の換算方法

物流業界では広さを「坪」で表すのですが 物流業界に携わっているとスペースの広さを表すのに「坪(つぼ)」という単位を使用します。一般的にはあまり馴染みがない単位で、一戸建ての敷地面積を表す場合に耳にする...