3PL活用による荷主側のメリット

今日からはじめるサード・パーティー・ロジスティクス(Third Party Logistics)(その6)

3PL活用による荷主側のメリットは、次のようなものです。

・コストダウン
包括的業務委託によるコスト削減
荷主業務移管による間接費削減
・ロジスティクスの高度化と継続的改革
専門家による業務運営
荷主の視点からの最適体制の維持
・本業への経営資源の集中
キャッシュフローの増大
物流資産のアウトソーシングによる資産効率の向上

すでにご存知の内容ではないかと思います。現在、3PL活用に向けての動きが活発化しているは、別の意味があります。

荷主企業を取り巻くプレイヤーからの要請は、多岐に渡っています。効率的事業運営を行う観点では、コスト、品質、スピードなどを高度にバランスすることが求められています。
また、資産効率を高めたり、社会的責任を果たしたりすることが求められています。
これらの要請に対し、自社だけでは応えられなくなってきているのです。それは、激しい環境変化にタイムリーに対応していくことが求められ、かつその内容が高度化しているからです。
そのためには、自社主導で物流関係のいろいろな施策を進めてきた考え方を改め、パートナーと共同して事に当たることが必要です。これができなければ、3PL化のメリットは得ることが難しいと思います。

御社では、パートナーとの協働で業務を行う意識付けはできていますか?

(文責:中谷)

ロジ・ソリューションでは、物流に関するいろいろなご支援をさせていただいております。何かお困りのことがありましたらぜひお声掛けください。(お問い合せはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★掲載された記事の内容を許可なく転載することはご遠慮ください。

(ロジ・ソリューション(株) メールマガジン・ばんばん通信特別号 第6号 2009年4月6日 担当:中谷 祐治)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です