2014年ばんばん通信アクセス数ランキング

さて、遅くなりましたが、恒例の2014年のばんばん通信アクセス数ランキングを発表いたします。
アクセス数の1位~10位です。
(集計期間:2014年1月~12月)

1位:物流業界に迫り来る「車両不足・人手不足」の危機
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15061359.html
2位:特積み運賃タリフについて
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15111618.html
3位:自動車運送事業の監査方針・行政処分の基準改正
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15032762.html
4位:自動車運転死傷行為処罰法が成立、5月末までに施行
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15029273.html
5位:トラック運転手の労災対策をしないと『荷主も』コンプライアンス違反ですよ!
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15085738.html
6位:オムニチャネル時代の物流とは
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15063587.html
7位:「管理損益表は有効に活用出来ていますか?」
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15050927.html
8位:「伝えること」の難しさ
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15139179.html
9位:「物流コスト削減の切り口をお探しします!」その1
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15019981.html
10位:「物流コスト削減の切り口をお探しします!」その9
http://logi-solu.blogdehp.ne.jp/article/15134297.html

1位の「物流業界に迫り来る「車両不足・人手不足」の危機」ですが、皆様の実感はいかがでしょうか?車両不足、人手不足は今も継続しており、以前は求人すれば応募があったが応募すらないということが起こっているようです。荷主のニーズとして、物流コスト削減があげられてきましたが、現在はコストアップ抑制と安定的な物流体制の構築をテーマにするところが増えているようです。

2位の「特積み運賃タリフについて」では、特別積合せ運賃について取り上げています。昭和60年の基準タリフを使っている場合がありますが、昭和60年といえば1985年ですから、ちょうど30年前の運賃表を使っている場合もあるということです。現在値上げの方向にあると思いますが、基準を持って比較することは大切です。いわゆる昔ながらの「ものさし」ですね。

3位の「自動車運送事業の監査方針・行政処分の基準改正」では、改正内容について取り上げています。実運送会社に対してはより厳しく、その原因が荷主の指示にあれば荷主にも勧告が行われます。スポーツの戦いにルールがあるように、物流でも、荷主と物流事業者が協力してコンプライアンスを遵守しながら、企業間の競争をしたいものです。

4位の「自動車運転死傷行為処罰法が成立、5月末までに施行」では、成立した新法について取り上げています。交通事故で誰も得るものはありません。一人一人が安全意識を向上し、痛ましい事故を無くしていく取り組みを進める、事故のない 社会を実現したいものです。

5位の「トラック運転手の労災対策をしないと『荷主も』コンプライアンス違反ですよ!」では、トラック運転手の労災対策について取り上げています。自社の商品を顧客に届けるのはドライバーですから、荷主の一員の立場です。ドライバーも自社の社員と同じと考えて、労災対策を地道に進めていくことです。「安全第一」ですね。

6位の「オムニチャネル時代の物流とは」では、近年伸びている通信販売の話題を取り上げています。書籍販売の例による四段階の説明がわかりやすいのではないかと思いますが、段階が進むほど、物流の役割は大きくなります。今後は、いかに柔軟な仕組みを適切な価格で作れるか勝負になるのではないでしょうか。そのためには、荷主と物流事業者が共同で計画を進めることが必要ではないでしょうか。

7位の「管理損益表は有効に活用出来ていますか?」では、管理損益表について取り上げています。これを活用することで、影響度や目標値など定量的な確認をすることができて、効率的な検討につながります。物流の改善でも同じですが、まず現状を定量的に把握することがスタートです。

8位の「「伝えること」の難しさ」では、弊社のフレッシュメンバーがコミュニケーションについて取り上げています。ロジカル・シンキングの考えを意識してわかりやすく伝えるのは会話だけではなく、プレゼンテーション資料も同じです。スライド作成ソフトの箇条書き機能はMECEを意識するのには良い機能ですので、皆さんもお使いになられてはいかがでしょうか。

9位の「「物流コスト削減の切り口をお探しします!」その1」と10位の「「物流コスト削減の切り口をお探しします!」その9」では、弊社でいう「物流診断」についてシリーズで取り上げています。「改善を進めてきてテーマがなくなってきたので、第三者の目で新たな切り口がないか見てほしい」というお話を頂きます。そんな時は「健康診断」ならぬ「物流診断」がお勧めです。

以上のような内容の記事のアクセスが多かったという結果ですが、ご感想はいかがでしょうか。いつも「ばんばん通信」をお読みいただき誠にありがとうございます。
皆様にとって「ばんばん通信」が少しでもお役に立てれば幸いです。
2015年も引き続きロジ・ソリューションサイトとメールマガジン「ばんばん通信」をどうぞよろしくお願いいたします。

(文責:中谷)

ロジ・ソリューションでは、物流に関するいろいろなご支援をさせていただいております。何かお困りのことがありましたらぜひお声掛けください。(お問い合せはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★掲載された記事の内容を許可なく転載することはご遠慮ください。

(ロジ・ソリューション(株) メールマガジン/ばんばん通信第275号 2015年1月28日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です