企業永遠のテーマ「人材育成」

つい先日、5泊6日のグループ会社合同研修へ参加してきました。5日間の研修のうちの1日を弊社社員、私の先輩が講師を務めました。研修内容は、物流コンサルティングのプロに相応しく「業務遂行能力の向上」をテーマに、効率的且つ効果的に業務を遂行 するスキルを身に付ける、というものでした。研修は非常に好評で、外部講師にはない親近感も手伝って、とても実りある研修になったと感じました。

講師を担当して下さった先輩は、研修の講師をするのは初めてだったそうです。それも、受講生60名に対して朝から夜まで丸1日掛けた研修です。依頼されたからと言って、誰にでも出来ることではないと思います。物流コンサルタントとして、日々の業務の中でテーマを持って仕事をし、あらゆる関連分野の知識を蓄積しているからこそ、どんな問題にも適切に対応できるのだと思います。

近年では、新入社員研修などにおいて、独自の、独特な研修プログラムを組むなどして力を入れている企業が多いようです。今回のように、自社あるいは関係会社社員が講師をすることにより、コストを抑えつつも、より有意義な研修を実現することも可能です。最も重要なのは、内部外部に関わらず、研修目的に応じた適任者を講師として選ぶことなのでしょう。

ご存知の方は少ないのではないでしょうか。我々のグループ会社の一つに『クレフィール湖東』(滋賀県)というホテル兼研修施設があり、グループ内外問わず、多くの方々にご利用頂いています。前段でご紹介した研修も、このクレフィール湖東にて行われました。この施設では、交通安全と運転技術の研修を中心に、様々な研修プログラムを提供しています。

私が経験した物流コンサルティング案件においても、物流事故発生時の対応など、教育体制に注目する顧客が多く多くいらっしゃいました。教育費・研修費は企業の経営状況により削られやすいコストの一つだと思いますが、顧客の財産を守るために、物流事業者はスタッフ教育を徹底する必要があると考えます。

グループ会社のこのような教育体制を経験してきた弊社は、高いレベルでの安全性判断が可能です。この安全性判断力を活用し、顧客のニーズ(コスト第一、安全第一など)に応じた最適の物流事業者を選定させて頂きます。また、専門的知識に長けたスタッフにより、効率的なサポートを提供しています。物流コンサルティングの他、人材教育の一環として弊社のセミナー、研修施設や研修プログラムなども、是非お試しになってみてください。

(文責:小出)

ロジ・ソリューションでは、物流に関するいろいろなご支援をさせていただいております。何かお困りのことがありましたらぜひお声掛けください。(お問い合せはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★掲載された記事の内容を許可なく転載することはご遠慮ください。

(ロジ・ソリューション(株) メールマガジン/ばんばん通信第82号 2010年6月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です