最近スマートフォンを使っている人が急速に増えましたね

横目で見ていると、指の動きに合わせて画面が動いており、名前通りスマートに感じます。スマートフォンはいろいろな用途に利用できるらしいのですが、私はエンタープライズ号のミスタースポックを呼ぶがごとく、二つ折りの携帯電話をまだ利用しております。買い換えようと思いながらなかなかきっかけをつかめずに取り残されています。

その携帯電話会社では、最近回線の品質問題が頻繁に起こっています。その理由の一つとして、携帯電話に比べてスマートフォンは通信するデータ量が多く、回線容量をオーバーするためと聞きます。通信会社にとって回線がつながっていることは事業の根幹をなすものであり、ここに障害があってはならぬものです。料金は多少高いが、通話の品質がよくエリアが広いことで顧客の信頼を得ていたとすれば、売り物である品質や信頼性が低下しているわけですから、迅速で強力な対策を打ち出して実行していかなければ顧客離れにつながりかねないと思われます。

物流で考えてみますと、事業の根幹をなすものは人の作るサービスであったり、それを支える情報システムであったり、その他いろいろな要素があり、複雑に関連しあっています。複雑なだけに品質問題が起こる場面も多く、対策も多岐にわたります。それゆえ、基本的なことから地道に積み上げていく対策や情報システムなどの機能を有効活用することなど、いろいろな手法を組み合わせて品質や信頼性の維持向上を図っています。物流は生身の人間が作り出すサービスですので、継続的な活動が重要です。

 (文責:中谷)

ロジ・ソリューションでは、物流に関するいろいろなご支援をさせていただいております。何かお困りのことがありましたらぜひお声掛けください。(お問い合せはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★掲載された記事の内容を許可なく転載することはご遠慮ください。

(ロジ・ソリューション(株) メールマガジン/ばんばん通信第160号 2012年2月15日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です