間違いだらけの物流業務委託-4

2015年3月に出版されました「間違いだらけの物流業務委託」の一部をご紹介します。
「第4章 新規パートナーへのアプローチ」では、重要な経営課題として位置付けてパートナー選定を進めるために必要な考え方と具体的な手順を取り上げています。

「物流コンペ(コンペティション)」は、物流業務の委託先を選定する手段の一つで、競争見積ではなく「実現可能なロジスティクス体制の提案競争」のことです。
「物流コンペ」の開催を考えた時、まず現在の物流業務委託先と改善の余地がないか検討し、まずその改善活動を推進します。それでも開催するという方針が決定されたら、推進においては「社内準備」「提案依頼先絞込」「パートナー選定」の3つの期間がありますので、準備期間を含めて相当の時間が掛かることを理解して計画します。
「社内準備」として、「目的の明確化」「現状業務の把握と整理」「委託業務の範囲の決定」「将来構想の整理」「体制刷新のための予算獲得」「社内組織体制の整備」「進め方とスケジュールの作成」などについて具体的な整理を行ないます。
「物流コンペ」の推進においては、名前だけで選ぶのではなく、実績や業界の評判などを集めて提案を依頼する企業を丁寧に選定します。その選定した提案依頼先企業には、企業情報が簡潔に理解できるように企業情報提供依頼書(RFI)を作成し、提出を依頼します。ここでは、特に各社の得意業務や実績を把握することが重要です。
次に、提案依頼書(RFP)を作成して提案を依頼します。RFPが結果を左右しますので、慎重に作成します。提案依頼書(RFP)は、「現状業務の全体と対象業務が見渡せて理解できる」「新体制の考え方や提案してほしいことが明確になっている」「Q&Aで疑問点が解消される機会がある」ことが必要です。
プレゼンテーションは、事前に提案書を入手して準備します。提案を受けたら、評価会議を速やかに開催します。一度に決定できなければ、評価に段階を作って委託先を決定します。委託先の最終決定では、「提案力」「運営力」「情報システム力」「信用力」について再度評価し、「会社間の相性」も考慮して決定します。
委託先が決定できればここからがスタートです。

(文責:中谷 祐治)

詳しい内容は、日刊工業新聞社刊「間違いだらけの物流業務委託」をご覧いただけますと幸いです。
http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00002879

ロジ・ソリューション株式会社では、委託先選定についてのご相談をお受けしています。国内物流のみならず、国際物流や海外委託先選定などについても対応可能ですので、お声掛けいただけますと幸いです。(お問い合せはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★掲載された記事の内容を許可なく転載することはご遠慮ください。

(ロジ・ソリューション(株) メールマガジン/ばんばん通信第301号 2015年11月11日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です