物流分析手法

事例紹介

運行管理支援ツールとしてドライブレコーダーを活用する

ドライブレコーダーの活用方法とは 数年前よりタクシー業界において急速に普及し、話題となった「ドライブレコーダー」。テレビの報道番組や、トラックショーなどで実物をご覧になられた方も多いのではないでしょう...
物流分析手法

物流分析手法シリーズ04【輸配送編】輸配送シミュレーションとは?

はじめに 物流現場改善の方法として、これまでに①物流ABC、②ワークサンプリング、③在庫分析手法を紹介してきました。 今回は輸配送の分析手法をご紹介させていただきます。 輸配送は、お客様の物流において...
3PL(サードパーティ・ロジスティクス)について

意外なアンケート結果から見えたもの:3PL事業者の上手な活用方法とは

今回は、社団法人日本ロジスティクスシステム協会(以下、JILS)が編集した「2008年度物流コスト調査報告書」を元に、現在の物流コストの現況と今後の展望について考えてみたいと思います。 物流コストの現...
物流分析手法

物流分析手法シリーズ03【保管編】在庫分析手法のご紹介 ~ABC分析~

はじめに 物流現場改善を推進するに当って重要な、現状を分析する手法について、この『コンサルタントが物申す』の場面では、これまでに(1)物流ABC、 (2)ワークサンプリングを紹介してきました。今後は、...
物流分析手法

物流データ分析の前にしておくと良い8つのこととは?

いきなりデータ分析に入るよりも・・・ 毎日膨大なデータと格闘している方は多いことでしょう。物流においても定量的に把握するために、各種データを分析することは欠かせません。 例えば、1ヶ月分の出荷データを...
物流分析手法

効率的な人員配置を考える:レイバースケジューリングとは

企業において、人件費をいかに効率的に圧縮するかはその売上利益率を向上させる上で非常に重要な問題であると共に、品質や就業環境を維持する上でも重要な項目の一つとして考えられます。 物流においても人員効率を...
物流分析手法

リスクマネジメントについて:国によるインフルエンザ対策の違い

はじめに インフルエンザが日本でも流行の兆しを見せております。関西地区で感染者が増加し、5月19日時点で、世界で4番目の感 染者数となりました。 ニュース・インターネットを見ていると、各国、各社でイン...
物流分析手法

物流分析手法シリーズ02【作業編】ワークサンプリングについて 物流現場における稼働状況把握手法

はじめに 物流現場において稼働状況を把握する手法はいくつかありますが、ワークサンプリングは代表的な手法であると共に、物流管理を行う者は知っておいた方が良い手法の1つです。 この手法を理解して頂ければ、...
物流分析手法

物流分析手法シリーズ01【倉庫全般編】物流コスト算出方法について 物流ABCのご紹介

流現場においても問題解決に向けて何よりも「現状把握」が大切です。このことから今回は物流効率化に向け、第一歩目にあたる現状の問題点を可視化するための1つの手法として、また、定量的な現状認識を行う有効な手...
物流センターの運営と管理

物流拠点の集約・分散時における在庫変動について

物流拠点の集約・分散は、物流効率化における大きなテーマの一つです。 拠点を集約・分散する時の費用比較の際、倉庫料算出における在庫量の変化は考慮されていないものです。今回は、拠点集約・分散時の在庫量がど...
物流分析手法

物流KPIで非価格競争と企業体質の強化を図ろう

物流環境の変化と3PL市場の成長 国内輸送量は1991年に70億トンでピーク、その後下降し、2005年で56億トンに減少している。その間にトラック業者は4万社から6万社に増加しているので、競争は非常に...