物流と環境

物流と環境

CFP(カーボンフットプリント制度)と物流

はじめに 地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に見て上昇する地球温暖化は、解決が見えない世界規模の環境問題となっています。人類のみならず動植物の生存を脅かす地球温暖化は、業界や企業だけに任せるのでは...
物流と環境

物流分析手法シリーズ05【環境対応編】改正省エネ法対応 ~CO2排出量の把握と削減~

はじめに    2010年に入り早いもので、1か月が過ぎようとしておりますが、第3グループとしては初めての寄稿になります。本年もロジ・ソリューション及び、『コンサルタントが物申す』を、どうぞ宜しくお願...
事例紹介

環境対応型倉庫について(前編):太陽光発電を利用した倉庫

前編は、太陽光発電を利用した倉庫について、レポートします。 太陽光発電の仕組み 太陽光発電とは、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。 日本ではシャー...
物流と環境

物流と食品廃棄物について考える:食品廃棄物は物流の中でも発生している。

日本の食品自給率は40% 昨今世界の人口はますます増加する傾向の中、食糧確保の問題(食料資源として昆虫も対象となってきました。)が取り沙汰されてきていますが、日本の食品自給率は40%と主要先進国の中で...
物流と交通・インフラ

太陽光発電と物流業界

太陽光発電の新たな買取制度がはじまる 平成21年2月24日二階経済産業大臣(当時)が、太陽光発電の新たな買取制度についての基本的な方針を打ち出し、4月発表した経済危機対策における『低炭素革命』施策の中...
物流とIT・情報システム

現代社会では不可欠なものとなったトレーサビリティ:適正なコスト負担も

うなぎとトレーサビリティ トレーサビリティという言葉は最近、色々な業種、業界で聞くようになりましたが、最も注目を浴びたのは牛肉におけるBSE問題やうなぎにおける産地偽装問題だと思います。 トレーサビリ...
物流と環境

物流業における最適な環境対応車の選択(後編)

第2章 環境対応車概要 コスト 下記の表では、ディーゼル車、ハイブリッド車、CNG車を比較しております。前提は、2tトラックを新規に購入する場合を基準とします。 <環境対応車別評価 -2t車トラックモ...
物流と環境

フード・マイレージとカーボン・フットプリント

フード・マイレージとは 近年、環境保全に対する関心が高まっています。エコバッグ・エコカー・エコポイント等、「エコ」という言葉を耳にしない日はない位です。このばんばん通信でも、これまで環境関連のテーマを...
物流と環境

物流業における最適な環境対応車の選択(前編)

第1章 はじめに 今日、運輸部門における二酸化炭素の排出量は日本全体の排出量の約20%に相当しており、物流事業者における二酸化炭素の排出量の抑制は重要な課題の1つです。また、物流事業者にとってはCSR...
物流と環境

物流にもエコロジーを!:マテハンを見直すだけでもこんなに出来る3R

エコポイントに学ぶ物流のエコ化 今年5月にエコポイント制度が導入されました。既にご存知の方も多く、エコポイント導入にあやかって、テレビや冷蔵庫、エアコンを購入(入れ替え)した方もいらっしゃるかもしれま...
物流と環境

環境会計Q&A

環境会計が注目されている 08年のリーマンショック後、100年に一度の大不況と叫ばれ消費が冷え込む中、これまで好調な伸びを見せていた日本の自動車業界にも大不況は影を落としており、日本国内の自動車販売数...
物流と環境

バイオ燃料の物流業界への影響:バイオディーゼル燃料に注目!

バイオ燃料の中でもバイオディーゼル燃料に注目 初夏に向け新緑の季節が近づいてまいりました。新緑の「緑」を連想すると「エコ」と答えてしまうのは私だけでしょう か。いまや、企業や個人にいたるまで環境、エコ...
物流と環境

排出ガス最新版「ポスト新長期規制」について:中小事業者には厳しい時代に

はじめに 皆さんは夜空を見られる事はありますか。首都圏におられる方の中には「最近になって星空がきれいに見えるな」と気づかれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、その一助ともなるトラック輸...
事例紹介

物流環境対策のこれから:改良トンキロ法の限界を超える提案を!

環境問題は世界共通の課題に 現在「環境」は、全世界共通の課題となっております。 遠い世界の話ではなく、今や家庭でも学校でも話題になっており、皆様も身近に感じておられるのでは無いでしょうか。 ビジネスの...
物流と環境

ハイブリッド車旋風、再び

とあるハイブリッド乗用車の復活劇 2009年も早いもので3月になりました。 年々、1月から3月までがあっという間に過ぎていくような気がします。 販売が終了していたハイブリッド乗用車の名称が約3年ぶりに...
物流とIT・情報システム

RFIDの将来的な展望:トレーサビリティの重要性

第10回自動認識総合展 先日9月10日~12日に開催された「第10回自動認識総合展」を見学しましたが、一番印象を受けたのがRFIDの進歩でした。 企業は、消費生活用製品安全法(消安法)の改正に伴い、重...