物流と交通・インフラ

物流と交通・インフラ

輸送力不足問題 個人でも協力できること

物流を取り巻く環境は、近年ますます厳しくなっています。 「2024年問題」の影響も加味した結果、2030年には全国で約35%の荷物を運べなくなる恐れがあるという分析結果もあります。これには様々な要因があり、国や企業レベルで取り組まなければな...
2024年問題

「物流2024年問題を考える」(その4:まとめ)

これまで3回にわたって「2024年問題」に関連する運送業界の実態と諸課題について触れてきました。今回はまとめとして、この問題に今後どのように対処していくべきか、基本的な考え方をお伝えしたいと思います。 対処方法のプロセスを大別すると、現状把...
物流と交通・インフラ

コロナ禍における物流不動産の変化その2:テナント企業、ディベロッパーそれぞれの視点で考える

前稿では、コロナ禍でのEC需要の拡大に伴い、物流施設の建築が増加していることをお話ししました。 本稿では、2023年以降の物流不動産市況と求められる役割について、需要(テナント企業)と供給(ディベロッパー)の2つの視点から考察します。 テナ...
物流と交通・インフラ

コロナ禍における物流不動産の変化その1:ECの増加による物流施設の建設増

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、我々の買い物や生活様式は大きく変わりました。皆様も外出自粛や密を避ける行動が求められる巣ごもり生活の中、インターネットを利用して買い物をする機会も増えたのではないでしょうか? インターネット上でモノやサービ...
物流と交通・インフラ

コールドチェーンの進化

いまとむかし 今から30年ほど前にはなりますが、出張時の新幹線切符の手配は一苦労でした。自ら旅行会社やJRみどりの窓口に出向いて切符を購入し、事務所で分厚い時刻表を眺めながら現地での移動方法を考えていました。 今と比較すると不便でしたが、出...
物流と交通・インフラ

「ひとつだけでは多すぎる」:物流とレジリエンス

はじめに 表題は、故・外山滋比古氏の『思考の整理学』からの引用です。 同著では、アメリカの女流作家ウィル・キャザーの言葉「(恋人が)ひとりでは多すぎる。ひとりではすべてを奪ってしまう。」を参考に、思考においても小さな着想・独創にかまけず、先...
物流と交通・インフラ

右折で商業施設から出なければいけないトラックを見かけた話:デザイン・フォー・ロジスティクスを建築物にも応用すべき理由

右折で商業施設から出なければいけないトラックの動線を見かけた話 私が以前住んでいた街の某大型ショッピングモールでは、公道から立体駐車場入口へ向かう車路の途中を左折するとトラック荷捌き場がありました。逆に、立体駐車場出口から公道へ向かう車路へ...
EC(通信販売)

「フィジカルインターネット」が物流を変える【後編】:オープンシェアリングとEC

前編から続きます。 鍵となるのはオープンシェアリング 物流でインターネットの方法を応用するとなると、大量の貨物を小口に分け、それぞれの貨物をそのときどきで空いている倉庫を通過し、さらにその時に空いているトラックを活用しながら配送するというイ...
物流とIT・情報システム

「フィジカルインターネット」が物流を変える【前編】:フィジカルインターネットとは

宅配の次の革新は何か さまざまな業界で新しいビジネスやサービスが生まれるなか、こと物流業界においては「宅配」ビジネス以降、革新的なサービスは誕生していないと揶揄されて久しいかと思います。 先日、ある雑誌で興味深い記事が目に留まりました。米国...
2024年問題

物流業界に迫り来る「車両不足・人手不足」の危機

2013年11月頃より、トラック確保に支障をきたすケースが増えた 今回の消費増税に向けた駆け込み需要は、数か月前から対象業界を変えながら継続してきた事が、さまざまな統計から明らかになりました。 例えば、戸建住宅、自動車、家電製品、日用雑貨品...
物流と交通・インフラ

「ガードレール(車両用防護柵)」について<後編>

前回からの続きの内容になります。 次に、ガードレール費用です。費用と言ってもガードレールを壊したときの賠償金額についてです。 ガードレールを壊したら ガードレールを何らかの理由で壊した場合、保険に入っていれば保険で支払うことができますが、そ...
物流と交通・インフラ

「ガードレール(車両用防護柵)」について<前編>

先日、近所の国道の交差点で大きな玉突き事故がありました。車10数台が巻き込まれる大事故で、幸いにも死者は出なかったものの、車もガードレールも大破し、11名が重軽傷となる大事故が発生しました。私はたまたま事故前にその交差点を通過しており、その...
物流と交通・インフラ

街で見かける一般的な4トン車は、なぜ4トン積めないのか

配送試算業務の際などで、よく耳にする会話があります。それは「4トン車って何トンまで積めますか?」といったやりとりです。 お客様からも「4トン車だから4トンまで積めますよね?」といった至極当たり前とも思えるお問合せを頂く事もありました。 しか...
物流と交通・インフラ

「高速道路料金」を長期的な視点でみる

伊勢湾フェリーの航路廃止問題の遠因は ゴールデンウィーク、愛知から「お伊勢参り」に行きました。豊川から伊勢までの道程、行きと帰りとでは別ルートをとりました。 (行き) 豊川 ⇒ 伊良湖岬 ⇒ (伊勢湾フェリー) ⇒ 鳥羽所要時間3時間。(帰...
物流と交通・インフラ

スマートグリッドとは?(その2):日本版スマートグリッドの課題

※前回の内容はこちら 日本版スマートグリッドの解決すべき課題とは? 第1に、太陽光や風力をはじめとする再生可能エネルギーは、天候による影響を多大に受け不安定であり、また、需要が落ち込む時期であれば大量に余剰が出る可能性もある為、何らかのバッ...
物流と交通・インフラ

スマートグリッドとは?(その1)

賢い電力網 突然ですが、スマートグリッドという言葉をご存じでしょうか? スマートグリッドとはその名の通り“賢い電力網”を意味し、イメージ的には電力網のSCM化とも云えるものです。具体的には、従来の電力網とは異なり発電所から消費者に向かって一...
物流と交通・インフラ

高速道路無料化はトラック業界にとってメリットとなるのか?

はじめに 民主党政権が発足して早1ヶ月が経過しました。中でも前原国交相の八ツ場ダムの建設中止、羽田の国際ハブ空港化の方針等の具体化表明が世論の注目を集めています。トラック業界においては、衆議院選マニフェストの目玉の一つである「高速道路の原則...
事例紹介

ANAの沖縄貨物ハブ構想を読み解く

24時間運用が可能な沖縄にて貨物便の深夜運航を実施 最近、JAL(株式会社日本航空)の経営再建が話題になっていますが、今回はANA(全日本空輸株式会社)について触れます。 ANAは、2008年度からの中期経営計画で沖縄貨物ハブ構想を掲げ、今...
物流と交通・インフラ

太陽光発電と物流業界

太陽光発電の新たな買取制度がはじまる 平成21年2月24日二階経済産業大臣(当時)が、太陽光発電の新たな買取制度についての基本的な方針を打ち出し、4月発表した経済危機対策における『低炭素革命』施策の中にも、《太陽光発電の新たな買取制度につい...
物流と交通・インフラ

高速道路料金について:乗用車優先のETC割引への懸念

ETC割引の今後 年が明け、早いもので1ヶ月が経ちました。 年末年始で帰省や旅行などで高速道路を利用した方も多いのではないでしょうか。そこで今回はトラック輸送には欠かせない高速道路料金(ETC割引)について少し考えてみたいと思います。 国土...