2021.07.26

1980年代の自動搬送システム導入事例から学ぶ、成果とは何か。

石川県和倉温泉郷にある加賀屋は、日本一の旅館であると言っても過言ではありません。旅行新聞新社が主催する『プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選』にて2016年まで36回連続で総合部門第1位に選ばれており、2017年は同1位 […]

» 続きを読む

2021.07.12

EC物流の動きが激しい

コロナウイルス感染予防から、「お店に買い物に行くよりネット通販で買い物しよう」という方が増えてきています。 実際にEC強化を図っている販売業は、そうではない企業より業績を戻しているという結果になっています。一方、消費者が […]

» 続きを読む

2021.06.28

「物流の人材を確保するために」(その3)

多くの企業が取り組むようになった「健康経営」ですが、これはフィジカル面での健康状態を大切にすることだけが本来の目的ではなく、個々人の幸福度を上げていくことが最終目的とされています。株式会社日立製作所フェロー兼未来投資本部 […]

» 続きを読む

2021.06.14

「物流の教科書」-2 物流サービス

2020年3月末に上梓させていただきました『基本がわかる実践できる 物流(ロジスティクス)の基本教科書』から、今回は、通信販売の配送料について取り上げます。 通信販売で商品を購入することが多くなっていると思いますが、配送 […]

» 続きを読む

2021.05.31

コロナ禍だからこそ学びたい産業財(BtoB)マーケティング6 「コアコンピタンスとは」

前回(こちら)マーケティング戦略構築における現状分析(ステップ1)の自社分析のうち、事業領域の整理についてご説明しました。今回はコアコンピタンスについてお伝えします。 コアコンピタンスという言葉自体は耳にする機会が少なく […]

» 続きを読む

2021.05.17

ひとつだけでは多すぎる

表題は、故・外山滋比古氏の『思考の整理学』からの引用です。同著では、アメリカの女流作家ウィル・キャザーの言葉「(恋人が)ひとりでは多すぎる。ひとりではすべてを奪ってしまう。」を参考に、思考においても小さな着想・独創にかま […]

» 続きを読む

2021.04.26

コロナ禍だからこそ学びたい産業財(BtoB)マーケティング5 「事業領域の整理」

前回マーケティング戦略構築における現状分析(ステップ1)の自社分析のうち、最も重要である経営理念についてご説明しました。また自社の経営理念をしっかり把握することで、顧客や競合を定義する際の柱ができることもお伝えしました。 […]

» 続きを読む

2021.04.12

コロナ禍だからこそ学びたい産業財(BtoB)マーケティング4 「経営理念の重要性」

前回は消費財(BtoC)マーケティングと産業財(BtoB)マーケティングの違いについて、市場特性と購買における意思決定の観点を中心に紹介しました。今回はマーケティング戦略構築の第一歩である現状分析について、実例を交えなが […]

» 続きを読む

2021.03.29

コロナ禍だからこそ学びたい産業財(BtoB)マーケティング3「マーケティングにおける消費財(BtoC)と産業財(BtoB)の違い」

前回(こちら)は消費財(BtoC)マーケティングと産業財(BtoB)マーケティングの違いについて、購買目的を中心に説明しました。今回はその続きで市場特性と購買における意思決定の違いについて説明したいと思います。 前々回( […]

» 続きを読む

2021.03.11

ECサイトのリニューアル

■今後10年間かけて起こるはずの変革が半年で起こっている 新型コロナウイルスは、10年かけてなくなるはずだった旧来型のビジネスモデルを早く大きく変えようとしています。百貨店モデルと呼ばれるアパレルと百貨店の間での売上仕入 […]

» 続きを読む

2021.02.25

「物流の人材を確保するために」(その2)

前号では、人材を確保するうえで、企業と自身の関係性における大切な要素のひとつに「エンゲージメント」があり、それは「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」であるとご紹介しました。 ここで確認しておきたいのは、 […]

» 続きを読む

2021.02.12

コロナ禍だからこそ学びたい産業財(BtoB)マーケティング2 「産業財(BtoB)市場の特徴とは」

前回は消費財(BtoC)マーケティングと産業財(BtoB)マーケティングのGAPについて書籍を例にしご紹介致しましたが、今回は少し深掘りし、産業財市場の特徴を中心にお伝えいたします。 本題に入る前に、そもそもマーケティン […]

» 続きを読む

2021.01.29

業務の棚卸

皆様は業務の棚卸を定期的に実施されていますか。 特に新たな業務を引継いだものの、実際の用途はよく分からないまま、ただ作成/提出することが目的となっているという場面はありませんか。 そのようなものがあれば、一度業務の棚卸を […]

» 続きを読む

2020.12.24

コロナ禍だからこそ学びたい産業財(BtoB)マーケティング1

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言から半年が経過しました。各社の決算が発表されていますが、業界や業態によって、明暗が分かれる結果となっているのは皆さんもご存知の通りだと思います。小売業界を切り取ってみても、状況はさまざ […]

» 続きを読む

2020.12.10

「評価する側、される側」

皆さんは、物流センターの視察や調査に行くことはあるでしょうか。 物流のいろいろなプロジェクトにおいて、現状把握は大切なプロセスの一つです。われわれも「物流現場診断」や業務フロー作成、作業の把握、生産性の把握等、さまざまな […]

» 続きを読む

2020.11.26

紙ってる?

お仕事で資料を作成した後は、紙に印刷してチェックしたいという方も多いと思います。 私もその1人で、紙のほうがミスに気付きやすいです(あくまで個人の見解です)。 資料のチェックを紙媒体ですべきか、電子媒体ですべきかについて […]

» 続きを読む

2020.11.12

プロフィットセンター化できる最後のチャンス

■物流事業者が克服すべき課題 物流事業者は基本的に荷主より荷物を預かり、時間乖離を埋めるサービス(保管機能)、空間乖離を埋めるサービス(配送)を主軸に企業運営しています。この単機能サービスの提供は荷主の要望に従ってなされ […]

» 続きを読む

2020.10.29

「物流の人材を確保するために」(その1)

2020年9月1日付で厚労省が有効求人倍率を発表しました。2020年7月の有効求人倍率は1.08倍で、前年同月に比べて0.51ポイント低下。新規求人倍率は1.72倍で、前年同月に比べて0.65ポイント低下でした。新規求人 […]

» 続きを読む

2020.10.15

物流用語

物流に関連して使われている言葉の中には、独特のものがあります。ロジ・ソリューションのメールマガジンでも、「坪」「才」などが今でも検索されていて、多くの方が調べていることがわかります。 「坪」や「才」は、メートル法の前に使 […]

» 続きを読む

2020.10.01

コロナ禍でも業績を伸ばす物流企業の現場から学んだこと

コロナウィルスの影響による逆風に負けず業績を伸ばす会社とは、どんな特徴があるのでしょうか。また、今後コロナウィルスは企業にどれほどのマイナス影響を与えるのでしょうか。帝国データバンクによると、コロナウィルスにより業績にマ […]

» 続きを読む